ハイヤー運転手の資質が重要

旅客自動車と言うとまずタクシーやバスを思い浮かべるかもしれません。
ハイヤーも旅客自動車ですが、どのような仕事かご存じでしょうか。
バスは公共旅客運送業です。

これは不特定多数の乗客を乗せるためです。

タクシーとハイヤーは個別輸送機関です。特定の乗客を目的地に送迎するための車です。

ハイヤーの運転手を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

ではこの二つの違いは何なのでしょうか。

タクシーは個人的な利用が中心です。


深夜に自宅の最寄り駅から利用したり、荷物が多いときなどに乗ったりします。料金は走った分だけ支払います。
ハイヤーは会社での契約が中心で、個人的な利用はあまりありません。

乗車するときは駅のロータリーや路上で捕まえてすぐに乗れるわけではなく、必ず営業所に予約をしなければなりません。


料金は時間制であり、利用した時間により請求されます。基本的にその場ではなく月極めです。

運転手の資質はとても重要です。

タクシーの運転手は仕事のきつさもあり入ったり辞めたりが多い業界です。

来るもの拒まずな感じなので、運転手の資質を見ることなく採用されます。

そのため変な感じの人が乗ることもあります。ハイヤーは入社時にしっかり人柄や資質を見ることになります。



お乗せするお客様がVIP層が多いので、雰囲気の悪い運転手を使うことは不安です。
何よりお客様にしっかりとしたサービスをすることが重要なので、運転手がお客様の考えや志向を想像することや、お客様の気持ちに寄り添うことがとても大切なことです。