ハイヤーの運転手になるには

ハイヤーは、営業所及び自宅などに待機して客の申し込みに応じて営業する、貸し切り形式の乗用車のことです。利用者を乗せて目的地まで走るという点ではタクシーと少し共通していますが、貸し切りである点が最も違います。
法律的には、タクシーの一形態としてみられることが多いです。

今話題のハイヤーの運転手をあなたに紹介致します。

タクシーとの違いとしては、距離によってお金が加算されるタクシーと違い時間貸切であることが特徴です。



そのため、タクシーには距離を計測するためのメーターが必ずついていますがこちらについてはありません。



また、ハイヤーは完全予約制であることも特徴です。

運転手になるにあたっては、普通自動車二種免許を取得しておく必要があります。

そのうえでハイヤーの企業に就職して専用の訓練を受けることで運転手になることができます。

タクシーとは客層が違うため、タクシーと違った訓練を受けることも特徴です。


コミュニケーション能力や気遣いなどサービス面についても訓練では学んでいきます。
タクシー運転手としての経験を5年以上有していないとなることができない場合が非常に多いことも留意します。


ハイヤーの運転手の給料についてですが、タクシーと比較して稼げるかどうかについては一概にいえません。


所属する会社の基本給により額にかなりの差がつくことを留意しておきましょう。
タクシーと比較すると、深夜に運転することはハイヤーはありませんので体力面で考えるとこちらのほうが楽という人もいます。